また読みたい記事。

5
ノート

デザインするひとのためのブック・リスト

勤め先の東洋美術学校では毎年、コミュニケーション・デザイン専攻と夜間部宛に大型連休前、読書リストを配布しています。2019年度はこのようなかたちになりました。最初にリストをしめし、その後、簡単に解説を加えています。

デザインするひとのためのブック・リスト
‘Rage Against the How to 本’ の視点で

本屋へ出かける。すると、さまざまな必読書コーナーが設けられている。文学、ビ

もっとみる

Twitterで好評だった手元に置いておきたいデザイン本13選

みなさま、こんにちは。上司ニシグチです。

こちらのnote記事は昨年末にリリースしたものですが、今年に入ってからもデザイン本をいくつか紹介していますので、改めて加筆(追加)させていただきました。

本当にオススメの本しか紹介しておりませんので、是非お手にとって確かめてもらえると嬉しいです。

「Twitterで好評だった手元に置いておきたいデザイン本13選」と題して、簡単にまとめてみましたので、

もっとみる
まいどー!
426

深く考える訓練、その1

大学の授業用のサブ教材として、生徒に「深く考える」トレーニングの資料を作ってる。

思考力というのは、トレーニングで伸ばすことができる。トレーニングでは、まずは自由な思考よりも、フレームワークを使い倒すことが重要だ。数をこなせば、考えることが苦ではなくなる。それが一番重要だと思う。基本的なトレーニングができていない状態で、自由に発想させても、大半の人は途方にくれてしまう。

ここでは何回かのシリー

もっとみる
ありがとー(お返事がランダムに出せるようになりました)
689

デザインの筋トレ〜伝説の世界的デザイナーに教わった観察力を磨くとっておきの訓練法〜

先日話した寸法感覚の話に続いて、今日は観察力を磨く方法の話をしましょう。

ちなみにこのトレーニング方法、僕のオリジナル・・・ではなく、世界的インテリアデザイナーであり天皇陛下から芸術選奨と紫綬褒章まで授与されている、偉大なる恩師の故・内田繁先生直伝の方法です。

内田先生曰く

「これをちゃんと毎日続けて3年間やれたなら、お前はきっとすごいデザイナーになっているだろう。」

と言われていました。

もっとみる
次回は「個人的作品の構想」
1313

娯楽を超えたデザイン (UI Crunch #13 娯楽のUI イベントレポート)

「UI Crunch #13 娯楽のUI - by Nintendo -」に参加しました。世界的にも注目される企業かつあまり表に出てこないデザイントークが聞けると言うことで、倍率も相当なものとなっておりました。この企画は構想から2年くらいかかったそうで、とても濃いお話を聞くことができました。めちゃ感動しました。今回は、そちらのイベントレポートです。最初の方あまり写真を撮らなかったので、後半の写真が

もっとみる
スキありがとうございます!よければフォローお願いします!
460