毎日、気づくと3時になる。

35
記事

花粉症の人は読むだけでかゆい話。

24歳の頃、花粉症になった。

なぜ明確に記憶しているかというと、
「あ、これのせいだ…」というのが明確にわかる出来事があった。

当時、釣具屋の通販の仕事をしており、山に渓流釣りに行くことがあった。

社長に連れていってもらうのだが、社長は登山をしていたらしく、山の中をズンズン歩く。

その日も車を止めて山の中をズンズン歩いていた。

季節は3月半ば。花粉症シーズン真っ只中。

ただ、おれは当時

もっとみる
メええええ~(やぎ)
8

歪んだ自己像と観察力

昨日、山田ズーニーさんの
記事を読んでショックを受けた。

これ、おれじゃん。

特にこの中にある、

「他者の表現を、 嫉妬や競争心などの自意識で濁して、 歪めて見て行ったら、 結局は、そこに照らされて気づく自己像まで 歪んでしまう。」

この部分。

おれはものすごく心当たりがある。
絵が上手い人、
話が面白い人、
人気がある人、
バズった人、
自分が好きなものに
詳しい人、
何か面白い体験を

もっとみる
わふわふわわふ(しばいぬ)
59

その方面の努力。

最近、絵を描くのが楽しい。

輪郭線を使わずに、
色だけで気持ちや空気を表現しようと
試みている。

もちろん完成度が高い、上手い、
というわけではなくて
ただ描いていて気持ちがいい。

新しい描き方を試したことで、
「自分の絵はこうだ」と無意識に
決めつけていた事に気がついた。

僕は自分を
「線画が得意」で
「色は不得手」
だと自分で決めつけていた。

決めつけることで
新しい挑戦をすることを

もっとみる
みゃみゃみゃみやあ~(ねこ)
63

物語の設計図。

物語の設計図を作りたい。

漫画を描き出す時、
いつも材料を集めて闇雲に
描き始めている。

それを、やり方を自分なりに決めたい。
手を付ける手順を決めれば、とにかくも
動き出すことは出来るだろう。

大きく、物語を構成する層は
下記の5点だと思う。

1。テーマ
(何となく最終的に感じて欲しい気持ち、印象)
2。読者の感情の流れ
(1。に到るまでの感情の道すじ)
3。構成
(2。を作るための出来

もっとみる
ピいピい(インコ)
37

2019年5月11日の日記。~去年の八丈島取材旅行の記憶と記録(前編)

確定申告をしていたら、去年の5/11-12に
八丈島に取材旅行に行った時の
宿泊のレシートが出てきた。

実は今度の連載マンガの舞台は
南の島をイメージしている。
1泊が限度だったので八丈島になった。
(本当はハワイがよかった、とは言えない)

よくよく考えると、なんと「学び」みたいな
抽象的なことはメモしたのだが、
具体的に何をしたとか一切メモしていなかった…
写真は少し、撮ったけど。。

さす

もっとみる
コケッ(にわとり)
22

「メンドクサイ」は心を動かす。

「メンドクサイ」がつもっていく。

学生時代も宿題をやったことがほぼない、
メールも溜めてしまうし、LINEもためちゃう。
確定申告だってまだ終わってない(やば)。
で、ホントにヤバい時になって慌ててやる。

このメンドクサさを
ワンルームの部屋に例えると、真ん中に
「ドン!」とでかいソファが置いてある。

ホントは端っこの壁際に動かしたいんだけど、
めんどくさいからそのソファを迂回して
色んな事

もっとみる
コケッ(にわとり)
39

素敵なデザインは心が動く。~マル秘展の感想。

昨日、マル秘展というデザイナーの人たちの
創作の過程や思考方法の展示に行ってきた。

建築家や家具のデザイナーロゴや眼鏡、布をデザインする人など、
色んなデザイナーのnoteやメモ書き、設計図が
展示されていた。

デザイナーというと、
なんとなく頭でものすごく考えて言葉にしたりするような理性的なイメージがあったのだけれど、
実際この展示を見た印象としては
よい(と感じた)デザインからはすべて

もっとみる
メええええ~(やぎ)
32

準備が苦手だから、日課にしよう。

準備が、苦手だ。

特に、長期的に時間がかかることを
スケジュールをたてて
計画的にこなしていく、
そういうことができない。

リミットが目の前に見えてこないと
なんとなくのんびりしてしまう。
元来がマイペースというか、
のんびりした性格なのもあるだろうか。

例えば今、連載に向けて10話分以上の
ストックを作らないといけないのだが、
ゆっくり描いてしまう。

一つには、ネームと作画の
「最速の時

もっとみる
ありがとうです~(くまちゃん)
50

物語を作る時に、なぜ「型」が必要か

「やじまくんは、マンガを描くとき、型を使わないよね」

伝わらないネームを描くたびに、編集の佐渡島さんに
言われてきた言葉だ。

「型」

この言葉がいつも、おれを思考の迷路に
落としてしまう。
脳みそがねじれて、絡まってダマになる。
それで、とりあえず放置する。

だって、型って何なのよ?

今通っている、2週間に1回ある漫画の講座、
「コルクラボマンガ専科」では
マンガを描くための型を教えてい

もっとみる
メええええ~(やぎ)
46

かたいルールとやわらかい遊び。

4月から始まるウェブ連載について、
最近は毎日考えている。

週に8ページ分程度であるが、
フルカラーで背景もすべて一人で
完成させなくてはならない。

個人的には、その一本だけしか
描けないのはイヤで、
他にも何本か描きたい。

そのために、時間が読める部分、
つまり、作画の部分を効率化したいと
思っている。

作業の中でも特に、
「選択」は一番時間がかかり、
脳みその決定力を消費すると思う。

もっとみる
わふわふわわふ(しばいぬ)
26