毎日、気づくと3時になる。

4
ノート

かたまりとロッククライミング。

村上春樹の「職業としての小説家」からの引用。

『小説家の役目はテキストを−できるだけ優れたテキストを−パブリックに提供することにあります。
テキストは「総体」、ひとかたまりとして機能するもの、いわばブラックボックスです。読者にはそれを受け取って、自分の好きなように捌き、咀嚼する権利があります。それがもし読者の手に渡る前に著者によって捌かれ、咀嚼されてしまったら、テキストとしての意味が大きく損なわ

もっとみる

舞台を客席から眺める。

今日も、漫画制作の話です。

これは僕にとって、とても大きな発見だったので忘れないうちに書いておきたい。

いつもマンガを描くときに編集をしていくれている佐渡島さんから、マンガで大事なことは
「伝えたい感情から描くこと」
と本当に何十回も言われてきた。

そう言われて、それを表現するにはどうすればいいだろうか?

僕は「当事者としての気持ちを再現する」ことだと思っていた。

だから、キャラクターの

もっとみる

飽きないのは毎日のブレ。

連載のマンガのテーマ、退屈や飽きることについて考えている。

今日は飽きないものって何だろう、と考えている。

日常の中で飽きないもの、というのは何かと考えて一つ出てきたのが奥さんの作ってくれるご飯であった。レパートリーがものすごく多いとか、そういうわけでもない。

これについては、

「毎日ちょっとずつ味がブレるから飽きない」

のではないかと思う。薄かったり、濃かったり、あるもので作ったりする

もっとみる

できない喜び

自分自身が思っていたよりも

出来ないことがあった場合に、
自分にどんな感情が起きるか、
その一つを昨日知った。

おとといから仕事の一つで
芸能人の似顔絵を動物化する
イラストを描いている。
(クラファンのリターンも
別途進めていますのでご安心を!)

編集をしてくれているコルクの佐渡島さんを
描いたときはサラっと1時間もせずに
描けたので今回も簡単だろうと思っていた。

だけどこれが全然似てこ

もっとみる