閉鎖した病院に行くときは気を付けよう

画像1 未だに説明がつかなくて思い出すと震えてます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

ちゅんちゅん(すずめ)
54

やじま けんじ

まんが家です。noteはマンガをアーカイブするのにつかっていす。 通販→https://yajima-syoukai.booth.pm/items/695821

エッセイ漫画

たまに更新。日ごろ思うことや考えたことをエッセイまんがでつづります。

コメント8件

ちょちょちょwww脅かしっこなしですぜーだんなー(^_^;)
戦慄病院じゃなく戦慄迷宮でした、富士急ハイランドのアレ。最初旋律病院って変換してほのぼのしてしまったのがあかんかったんやろうかww
ひさつぐさん、稲川淳二が降臨しておりました…w
旋律病院、みんな病状よくなって退院しそうです…w
ぼくも違うこと言ってて『戦慄病棟』は全く別の怖そうな映画でした。w
ミュージカルばりに歌いながら退院していくんだぜきっとwww
自分で書いてて笑ったwwセルフなひさつぐですw
戦慄病棟ググってみたら「コメディかホラーか悩む」とか「しょぼいエクソシストやん」みたいなレビューが多くて私にホラー耐性あったら見てみたいなーって思ってしまったw
関係ないんですけど、春先の猫の声が幼児が泣いているのかとびっくりしたことがあります。 いや、今でも春先は時々驚きます。 いや、関係ないんですけどね。(^_^;A
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。