見出し画像

縦スクロールマンガの描き方の研究マガジンをはじめます。よこく。

目次:
1.これからのマンガは縦スクロールになっていく。(らしい)
2.縦スクロールマンガはマンガとは別もの。
3.Vコンに似てるのでは。
4.次回予告




1.これからのマンガは縦スクロールになっていく。(らしい)

 「これからのマンガは縦スクロールになっていく。」と常々、マンガを編集してもらってるコルクの佐渡島さんやコミチの萬田さんに言われていた。僕はお二人のこの考えを、下の記事からも信じていて、自分でも縦スクロールマンガを描いてみようと思った。

 ↓萬田さんがとても詳しくまとめてくださっている記事。↓
 縦スクロール・マンガの考察と制作のポイントまとめ

ただ、僕個人としてはやっと描き慣れてきたいつもの漫画から、また新しいのをやるのはちょっと面倒だと考えていた。

ふつうの漫画を、どうやって縦スクロールマンガに「置き換える」ことができるのかと考えていた。


2.縦スクロールマンガはマンガとは別もの。

だけれども、参考にWEBTOONという海外の縦スクロールマンガのサイトを読んでみたが、読んだ体感としてはこれはどちらかというと映像表現に近い。 吹き出しの位置、コマの間、引きの作り方…などなど…
どうやら「いわゆるマンガ」とは違うものらしい。と気がついた。

そして、新人漫画家仲間の牧春香さんのnoteを読んで、めんどくさい、という気持ちは、これから素晴らしいものを作っていくんだ!という気持ちに変わった。

縦スクロールマンガはマンガとは別ものなのだ。

じゃあ何なのか?

3.Vコンに似てるのでは。

映像を作る時にタイミングや流れを確認したりするために、絵コンテ動かしてVコン(ビデオコンテの略)というものを作る。

見た印象はそれにとっても近いんじゃないかと思った。(僕はCGの学校で講師アシスタントをしていたことがあるのだ、へへ)
例: 君の名は。Vコン

ということは、ストーリーの作り方は共通して使えるかもしれないけれど、そもそもマンガとは画面の作り方が違う。絵コンテみたいに作っていく方がいいのかもしれない。

それを具体的に、どうやって作っていったらいいか、をこれから考えていきたいというのがこのマガジンの目的なので、次回以降、どうやって制作していくのか、具体的に書いていきたいと思う。

========================

次回:制作前のネームの描き方を縦スクロールマンガ向けに考える。を予定。

この後も記事を読んでみたい…この作家応援したい…と思ってもらえたらコメントや、サポートをいただけるととっても励みになるので、是非応援してください。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

ありがとうです~(くまちゃん)
41

やじま けんじ

まんが家です。noteはマンガをアーカイブするのにつかっていす。 通販→https://yajima-syoukai.booth.pm/items/695821

縦スクロールマンガの描き方の研究。

縦スクロールマンガを描くための研究をまとめます。

コメント2件

縦スクロールマンガの描き方の研究マガジン、楽しみです🍀
私はピッコマやコミコを読んでいるのですが、コミコは最初から縦読みをうたっていたので、いつの間にか当たり前に縦読みを受け入れていました。
改めてどんなところが違うのか知れたら嬉しいです😊
sunaさん、いつもありがとうございます!
今までのマンガって、「読む技術」が必要な部分があるような気がするんです。
例えばあたりまえだけど右上から読んで、左、そのつぎに右下…
当たり前にやってたけど、読んだことがない人や海外の人は当たり前じゃなくて、読めなかったりするらしいです。でも縦スクロールのマンガは、うえからずーっと読んでいくので、そういう意味でマンガ慣れしない人でも読めるのかなーと思っています。
また更新するので是非読んでください(#^^#)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。