見出し画像

気になると面白いは同じ?


僕は、アニメやドラマなどの動画コンテンツがあまり得意ではない。

特に最近のNetflixなどのドラマは見たら見たで先が気になるようにできている。
それも、12話を一気に観たくなるくらい気になる。
気になるのが嫌で、観れない。

どうも、刺激が強すぎる。気になり過ぎる。
僕は気になるとそのことばかり考えてしまう。
前頭全皮質が鍛えられてないのかもしれない。

ふと思ったのだけど、『気になる』ものというのは『面白い』のだろうか?

気になる、と面白い、は同じなんだろうか?

気になって全部みたけど、もう終わりまで知ったらみたくない、みたいなのは気になってたから見ただけで、面白かったわけじゃないのかな、と思ったりした。

==========
10/3 木曜日の日記

朝、奥さんの作った肉まんを食べる。
10時半頃コルクに着く。
前日のコッペくんの第2話のネームを文章で書き直す。流れはいいが、回想する話であれば現代でも何か動きがないといけない、と言われる。
物語の中では、過去は現代の意味付けをするために語られる。

13時頃、漫画家のふむさんと竹内さんとご飯を食べに近くのハンバーガー屋さんにいく。
僕は臭いチーズとパイナップルが入ったバーガーが好きなので普通のバーガーにゴーダチーズとパイナップルをトッピングする。迷ったがポテトもつける。アイスコーヒーセット。
コルクのことや漫画について話す。
会計時に財布にお金がなく、ふむさんにたて替えてもらう。ついでにコーヒーをAWESOMEカフェで買ってもらう。安くて、昼飯を食べたハンバーガー屋さんよりうまい。

戻っておふくちゃんのネームがオッケーが出たので作画。可愛い回に描けたので、今日(10/4)公開予定なので見てほしい。

夕方、例の似ない似顔絵を描く。あとでも描くが、もしかしたら似顔絵も「その人らしい感情が出ている瞬間」を描かないといけないのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

メええええ~(やぎ)
36

やじま けんじ

まんが家です。noteはマンガをアーカイブするのにつかっていす。 通販→https://yajima-syoukai.booth.pm/items/695821

毎日、気づくと3時になる。

ネームとかなんだかんだやってると気がつくと3時くらいになってるなあ、と思ったのでつけました。創作の過程で考えたことを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。