見出し画像

ふつう について考える。

ここ半年ほどコルクに通ってマンガを描いてるのだけど、
行きの電車が1時間弱あるのでその時間に
ネームの整理を出来たらいいのではないかと思って、
noteを書き始めてみる。

読んでもなんのこっちゃ、だと思うので、
僕の創作の過程に興味があれば読んでみてください。

朝の9時半過ぎの、副都心線で書き始めました。

===============

コッペくんの連載の準備をしている。
去年の12月からネームを描いていた第一話がやっと、
今年の8月に一応OKが出た。

コッペくんのキャラがたたずにずっと悩んでいたのだけど、それが

「曇りのない退屈を探す」

という目標をもたせることでキャラとして
なんとか成立した。

本当に探そうと思うと、なかなか
本当に退屈なことってないのじゃないか、
と思う。

================

それで、今二話目を描いていてやっと二話目のテーマが掴めそうだ。
テーマは

「普通ってなんだ?」

ということにしようと思う。

コッペくんと暮らしているネズミのジロくんが
メインで描かれるストーリーで
「普通とは何か?」
をコッペくんが考えるというもの。

言葉から受ける感情の面から、ふつうということについて考えてみたい。

普通という言葉には強迫観念がある。

普通というのはある種の基準点を作ることで
その基準点に対して無意識のうちに比べて
優越感を感じたり、劣等感を感じたりしてしまう。

ある種の優越感を感じたい人は知らないが
僕としてみればそのままで、どこにもないふつうと比べられたくない。

基準点と無意識に比較していないだろうか?

ふつうでいたい、というのは
本当は、誰にも何も言われず、自分の在りたいように在りたい、
という気持ちが底にあるのではないだろうか。

「ふつうでありたい」と思うことで
自分に少し否定されて、少し傷つく感情を
そんな風に思わなくてええやん!とコッペくんに
どうにかしてもらいたい。

こんな話を、第二話では描きたいと思ってる。

散文的だけど、とりあえず今日はここまで。
読んでくれて、ありがとう。またね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお気持ちは、すべて、マンガの材料になる『本』(まんがではなく本)とホラー映画につかわせていただいております。いつもありがとうございます!

げろげろ(かえる)
48

やじま けんじ

まんが家です。noteはマンガをアーカイブするのにつかっていす。 通販→https://yajima-syoukai.booth.pm/items/695821

毎日、気づくと3時になる。

ネームとかなんだかんだやってると気がつくと3時くらいになってるなあ、と思ったのでつけました。創作の過程で考えたことを書いています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。